VIO脱毛の範囲や痛みについて。


女性に密かな人気の脱毛がVIOラインの脱毛です。
デリケートゾーンのムダ毛は気になるけれど、自己処理が難しいというデメリットもあります。
Vラインはまだ良いですが、IOラインはカミソリなどでの処理も難しく剃り残しも出来やすいです。

人によっては自己処理が原因で炎症やかぶれが起きてしまうこともあります。エステやクリニックで脱毛してしまえば、面倒な自己処理の手間もなくなりますね。

VIO脱毛の場合、全部を脱毛するハイジニーナという選択肢もあるのですが、生えている量を減らす、生えている範囲を小さくするという脱毛も人気があります。

ハイジニーナはすっきりして良いのですが、パートナーの男性に驚かれたり、温泉などで恥ずかしいというデメリットもあります。

永久脱毛の場合、一度完了してしまえばもう生えてきませんのでハイジニーナを検討する時には慎重になる必要があります。

ムダ毛がなくなることで下着のムレやおりものが減るというメリットがある一方、肌がデリケートな人の場合には下着との摩擦で炎症を起こすこともあります。

また全て脱毛してみたら、意外と肌が黒ずんでいることが分かって前より気になることもあります。その場合には脱毛をした後に、デリケートゾーンの黒ずみのケアも必要となります。

ですからVIO脱毛の場合には一度に全ての脱毛をするというよりは、段階的に様子を見ながら脱毛するという方法も必要になってきます。

VIOラインの契約や範囲

脱毛をする場合には、どこまでがVIOラインに含まれるのか契約内容を確認してください。
このVIOラインの定義はエステやクリニックによって異なります。

全身脱毛に含まれることもありますし、VIO脱毛だけは別料金になることもあります。特にVラインというのは個人差が大きく生えている範囲も異なります。

毛深い人の場合には通常のVラインだけでは脱毛しきれないケースもあります。トータルでいくら位かかるのかは、カウンセリングの時点でしっかりと確認しておくと安心できますね。

また契約前には、どこまで脱毛をしたいのか範囲をはっきり決めておきましょう。
一度自分でカットしてみて、理想的なスタイルを考えてみると良いですね。まだ迷いがあるのでしたら、Vラインはあまり小さくしすぎないようにすると後悔がありません。

脱毛完了まで時間はかかってしまいますが、やり直しが効かないことを考えれば慎重に検討すべきですね。

下着からはみ出ない自然な形にしたいのなら、小さめの逆三角形や楕円が無難です。生えている範囲が小さいほどすっきりしますが、あまり小さすぎるといかにも脱毛した感じにもなってしまいます。自分の好みの下着に合わせて形を選ぶのも良いですね。

VIO脱毛は痛みが不安

VIO脱毛は痛みが強いので、不安だという人もいるでしょう。
確かに身体の他の部位と比べてもVIO脱毛は痛みが強い傾向にあります。痛みの感じ方は人それぞれなので、どうしてもガマンできないのならスタッフに言って出力を下げてもらうこともできます。

繰り返して照射するうちに痛み自体は少しずつ弱くなっていきますので、それ程心配しすぎることもありません。
ムダ毛自体が細く弱くなっていけば痛みはクリアできる問題です。日頃からきちんと保湿ケアをすることで、痛みは軽減させることができます。

痛みに対する不安が強いのならクリニックよりもエステのほうが安心できます。フラッシュ脱毛のほうが力は弱いですが、痛みはレーザー脱毛よりも少なくなります。

その分効果も落ちてしまい時間も掛かってしまいますが、痛すぎてできないかもと不安があるのなら最初からエステを選ぶほうが良いですね。

またクリニックの場合には塗る麻酔などで痛みを軽減することもできます。麻酔の使用は別料金になってしまいますが、クリニックの場合には痛みに対するケアが充実しているかどうかで選んでみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ